セカンドライフというゲームとはどういうものか?

セカンドライフというバーチャルワールドは、3Dのオンラインスペースで、ユーザーの創造しだいで発展させていくことが出来ます。
この世界はユーザーが想像できるあらゆるものを実現できます。
内蔵されているコンテンツクリエーションツールを使用して、バーチャルワールドに住んでいる他の住人と協力がリアルタイムででき、何でも想像できるものを創り出すことが出来ます。

アバターと呼ばれているデジタルボディも、カスタマイズが豊富に可能でアイデンティティが作り出せます。

人口増加とともにネットワークが拡大され、本物そっくりの世界に完全に入り込むことが出来ます。
セカンドライフでは本物のビジネスを構築することが出来ます。そのためには、土地と実際の現金に交換可能なマイクロ通貨を所有して、自己の開発能力を駆使し、組み合わせていくことが必要です。

セカンドライフ自体のインストールはすごく簡単なものです。
基本の移動や体験といったものも簡単ですごく楽しいです。あなた自身がセカンドライフの世界に到着した後は、色々な方たちがきっと手助けしてくれることでしょう。ですので、このいろんな人たちがあふれている世界を歩き回ってみてくださいね。

セカンドライフは今までに無かった、クリエイティブな自己表現の場です。色々な職業の方たちにとって驚きの連続のことでしょう。
さぁあなたもあなたが欲しいものを作り始めましょう。

セカンドライフ自体の可能性は無限にあります。
一応以下に例をいくつかピックアップしてみました。

【探検】
驚きと冒険が入り混じる無限の世界

【創造】
自身が想像できるあらゆる物を創り出すことが出来ます。
例えば、キャラクターの姿を架空のスーパーヒーローに変えるとか。

【売買】
リンデンドルを取得したり、現金に交換したりして現実世界の生計を立てたり出来ます。

【所有】
土地など不動産を入手することが出来ます。
これはあなたのものなので、インワールドで好きなように使ってください。


セカンドライフ創世記セカンドライフ創世記
¥1,575円(税込)送料別 カード利用可
オススメ度:★★★★

3Dインターネット・ビジネスの衝撃 著者:鴨沢浅葱出版社:インプレスジャパン/インプレスコミュニケサイズ:単行本ページ数:238p発行年月:2007年07月この著者の新着メールを登録する人工現実の3D創造空間が、コミュニケーションに、マーケティングに、新たなる局面を切り開く。 セカンドライフから始動する3Dインターネット革命!−−セカンドライフは、会議/カンファレンスや授業などアバターによるコミュニケーション空間として、さらには商品の疑似的な使用を体験する場、現実/未来/フィクションの世界観を実現する場、つまりシミュレーション空間として、活用が始まっている。一方、個人やコミュニティの間にはすでにさまざまな交流が存在していた−−さらに本書では、セカンドライフを運営するリンデン・ラボの理念や経営陣、技術やツール、課題やその対応状況も解説し、関連する日本企業へのインタビュー記事も掲載。ジャーナリストやリサーチャーとしてITを究める執筆陣が、セカンドライフの初歩的な疑問から急拡大を見せる背景、3Dインターネットの将来展望まで一挙に解説する。 この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> IT・eコマース
さらに詳しい情報はコチラ≫

『セカンドライフ(Second Life)』の日本語版について

仮想世界でのビジネスチャンスを始め、アメリカの多人数同時参加型「仮想世界」体験ロールプレイングゲームである「セカンドライフ(Second Life)」の日本語版がまもなくリリースされることが分かりました。

「セカンドライフ」は、今までのオンラインゲームのように目的意識やシナリオに沿った形で進行していくのではなく、特定の結末が用意されていない、環境シミュレーターや箱庭などの考えに近い感じの仮想世界として提供されています。
セカンドライフの世界内では、一定のルールはあるにしても、その範囲内でプレイヤーは好きな乗り物に乗ってドライブをしたり、知人と遊んだり話したり自慢したり、好きな洋服を着たり、好きなように建物を建てて優越感に浸ってみたり、好きな仕事を始めてみたりなど、現実では出来ないような実に多種多様なことが出来ますので、「第二の人生」として満喫することが出来ます。

セカンドライフの会員数は、既存しているネットワークゲームの『World of Warcraft』『エバークエスト』『ウルティマ オンライン』と比べれば少ないですが、自由度が既存のゲームより高いことから、ゲームとしての評価より、「コミュニティ形成としての場」や「エンターテイメントを総合的に楽しむ世界」としての評価のほうが高いと思います。

特徴のひとつとして、経済的な取引が活発なことがあげられます。
ゲーム内で使用されている通貨「Linden」はアメリカドルとの相互交換が可能なため、ゲーム内で現実さながらの商取引が行われています。
また、ゲーム内だけでなく外部でもインターネットショップなどを通じて取引が活発に行われているため、場が盛り上がります。
もちろん、セキュリティなどには細心の注意を払っています。

【日本語版の紹介ページ】(http://jp.secondlife.com/)では「まもなく公開」という表記はされていますが、実際の公開はまだ先であると思われます。
その理由としては、現在の料金体系がアメリカドルとクレジットカードでの支払いしかないという理由から、現時点では不便な点が多いということが挙げられています。

でも、それを乗り越えてでもプレイしてみたいのがセカンドライフの魅力ですので、正式な日本語版の公開まで心待ちにしたいですね。


セカンドライフの作り方セカンドライフの作り方
¥1,680円(税込)送料別 カード利用可
オススメ度:★★★

日本語版対応バーチャルワールドガイドブックシリーズ 著者:西真由出版社:アスキーサイズ:単行本ページ数:151p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録するいま注目を集めている仮想空間「セカンドライフ」でのモノ作りを、基本から応用までしっかり解説した本格的ガイドブック。仮想空間でのオブジェクト作成テクニックと売り方が完璧にマスターできます。■セカンドライフはこんなところ■セカンドライフでのモノ作りとは?■さまざまなオブジェクト■無料開放されたサンドボックスを使おう■クリエイターインタビュー■本書の読み方/Macユーザーのための補足説明■SecondLife Viewerの名称■第1章 オブジェクト作成の基本1-1オブジェクト作成を開始/終了する1-2オブジェクトを編集する1-3オブジェクトを選択する1-4オブジェクトを削除する1-5カメラを操作する1-6オブジェクトを移動する1-7グリッドを利用してオブジェクトを移動する1-8オブジェクトを回転する1-9オブジェクトのサイズを変更する1-10オブジェクトをコピーする1-11オブジェクトをリンクする1-12オブジェクトにテクスチャーを貼る1-13テクスチャの表示方法を変更する1-14オブジェクトに色を塗る1-15プリムを変形する1-16プリムに柔軟性を設定する1-17プリムに光源を設定する1-18完成したオブジェクトを持つ1-19オブジェクトに制限を設定する1-20操作を元に戻す■第2章 オブジェクト作成の応用テクニック2-1机を作成する2-2椅子を作成する2-3ドーム型の建物を作成する2-4旗を作成する2-5テクスチャーを利用したオブジェクトを作成する2-6回転メッセージを作成する■第3章 アバターのカスタマイズ3-1アバターにオブジェクトを接着する3-2アバターの容姿を変更する3-3アバターを変身させる3-4光るネックレスを作成する3-5容姿デザインのテンプレートを入手する3-6テンプレートから洋服をデザインする3-7歩くと揺れるスカートを作成する3-8ウイッグを作成する3-9ジェスチャーを作成する■第4章 オブジェクトを販売する4-1オブジェクトの販売方法4-2クレジットカードを登録する4-3オブジェクトの販売スペースを借りる4-4土地を購入する4-5オブジェクトを箱詰めする4-6箱に貼る写真を撮影する4-7広告を登録する■付録 セカンドライフのオブジェクト作成Q&A集オブジェクト作成のショートカット一覧索引■担当編集者からのコメント セカンドライフ内でのモノ作りを、プリム(基本形状)選びから編集、スクリプトを使った応用テクニックまで、ていねいにわかりやすく解説した本格的ガイドブック。 本書の手順どおりに進めていけば、机/椅子/建物/旗/服やウイッグ、アクセサリーなどのオブジェクトが容易に制作できます。応用テクニックをマスターすることにより、さらに凝ったモノ作りも可能。 ほかにも、オブジェクト販売に関するノウハウや注意点も詳細に紹介し、巻頭にはセカンドライフで活躍するクリエイターへのインタビューを収録しています。 全アバター必携!【内容情報】(「BOOK」データベースより)数百万の人々が参加するメタバース「セカンドライフ」でのオブジェクト制作の初歩&応用がわかる本。プリム選びと基本操作/形と色と素材の編集/販売方法をていねいに紹介した本格的ガイドブック。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 オブジェクト作成の基本(オブジェクト作成を開始/終了する/オブジェクトを編集する ほか)/第2章 オブジェクト作成の応用テクニック(机を作成する/椅子を作成する ほか)/第3章 アバターのカスタマイズ(アバターにオブジェクトを装着する/アバターの容姿を変更する ほか)/第4章 オブジェクトを販売する(オブジェクトの販売方法/クレジットカードを登録する ほか)/付録 セカンドライフのオブジェクト作成Q&A集【著者情報】(「BOOK」データベースより)西真由(ニシマサヨシ)主にネット系やOffice系アプリ本などの入門書を手がけるテクニカルライター宮本朱美(ミヤモトアケミ)(株)アスキー月刊MacPower編集部デスク、週刊アスキー編集部デスクを経て、フリーのジャーナリストとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> IT・eコマース
さらに詳しい情報はコチラ≫

セカンドライフ、バーチャル世界の歩き方

セカンドライフの歩き方が分からないという方にちょっと私の経験をお話します。
私はあなたより、ちょっと早くセカンドライフの住人になったのですが、私はゲームというのには全く興味がありません。ですが、この不思議なバーチャルの世界で仮想世界のセカンドライフを毎日歩いています。
最初は不安がありましたが、日本語版ではなくてもメニューは日本語表示されているし、言葉も片言の英語で大丈夫だし、日本の街も存在するし、対戦型のオンラインゲームとは違うので攻略する必要もないし、旅行、趣味、遊び、仕事、お金儲けなど楽しみ色々です。セカンドライフは初心者でもきっと楽しみを見出すことが出来ると思いますよ。

セカンドライフの歩き方や、攻略方法、楽しみ方、ビデオカードのスペックなど、仮想世界を充分に楽しむために必要な知識をご紹介したいと思っています。
とはいっても、紹介する私も初心者ですので、日記感覚でまとめていきますね。
ですから、スクリプトなどの作り方など高度なものをご希望の方は、他のサイトを参照されることをお勧めします。

セカンドライフ内では、授業などの教育を受けられるよう、初心者向けに無料で(一部低料金の場合有り)色々な講習会が開催されています。
私は、3Dオブジェクトの作成方法の講習会に参加してみました。
・箱作り⇒雪だるま作成という簡単なものでしたが、私のような初心者は苦手意識を持っている方が多いので、楽しく作れたという意外な実感が持てました。
日本語版ではないので授業は英語になりますが、なんとか見よう見まねで作ることが出来ました。
次はジュエリー作成の講習会に参加してみたいと思っています。
講習会のスケジュールは検索→「イベント」タブ中の、プルダウンメニューから「教育」を選択し、日時を指定して検索ボタンをクリックするとたくさん表示されると思います。
授業についていけないと思っても、そこは仮想世界なのですから、恥ずかしいと思うことはないですよ。
気軽に参加してみてくださいね。

画面下に表示されているツールバーに「小さい地図」があります。それを活用していますか?
クリックするとあなたの現在位置周辺の小さい地図が表示されます。
見方は、黄色の○が今あなたがいる場所、緑色の●が他の方がいる場所です。
誰か探したいときや、一人になりたいときなど、この地図を目安にして移動するのもいい活用方法だと思いますよ。


やさしいセカンドライフ入門(2)やさしいセカンドライフ入門(2)
¥1,260円(税込)送料別 カード利用可

日本人居住区を歩く  著者:スタジオセロ出版社:STUDIO CELLOサイズ:単行本ページ数:125p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)セカンドライフにも歌舞伎町や京都があった。心霊病棟、観覧車、リゾート&スパ、温泉、etc.どれも一見の価値あり。日本語が話せる・通じる・だから楽しい。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 刺激的エリア(KABUKI/SUSUKINO ほか)/第2章 おもしろエリア(NAGAYA/UENO ほか)/第3章 オススメエリア(EDO JAPAN/SENGOKU ほか)/第4章 要チェックエリア(SAPPORO/SUGINAMIKU ほか)この商品の関連ジャンルです。 ・本> PC・システム開発> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

セカンドライフのようなメタバースのオンラインゲーム

セカンドライフのような仮想世界のオンラインゲームのことを総称して「メタバース」と呼んでいます。

このメタバースに参加している人が、ゲームの中の自分(アバター)の容姿(髪型、体系、服装など)を自由に作ることが出来たり、購入して得たりすることが出来ます。
また、土地を取得(購入)したり、家を建てたり、車や自家用飛行機などの乗り物なども作ったりすることが出来ます。
他に、自分自身や他の人がつくった場所に行ったり、誰かほかの人に会ったり、話したりすることが出来たり、カジノなども出来るし、自分で作成したものを物販したりすることも出来ます。

今までにあるメタバースとの違いは、シナリオが無いことです。ですので、自分で考えて行動したりして偶然の出来事を楽しんだりするようなゲームになります。
現実の世界と同様、またはそれ以上のことをこの仮想世界で生きることが出来るのです。
ですので、今までのオンラインゲームと同じような感覚でプレイすると楽しむことが出来ないかもしれません。
これは、今までのゲームと違い新しい感覚の3Dオンラインコミュニティソフトです。
まずは、セカンドライフにある色々な島や街にいって見て歩くというのがいいでしょう。
そしてそこで出会うアバター達を見て、自分もこういうようになりたいと感じ、作りたいと思うことで「目的」が出来ます。
こういう建物を建てたいとか、土地を購入したいとかというのも「目的」になります。
仕事を始めて、商品を作り、販売するというのも「目的」となります。
こういった「目的」を持つことで、色々試行錯誤して進めていくのも楽しめるひとつになると思うし、プログラムが分かる方には、LSLプログラムを研究するのも目的になると思います。
以上のように楽しむ秘訣や、コツは色々あります。みなさんもこのセカンドライフの世界で遊んでみませんか?
きっと、色々な偶然や出会い、出来事があると思いますよ。


ガールズ・セカンドライフガールズ・セカンドライフ
¥1,680円(税込)送料別 カード利用可

可愛くなくちゃ始まらない! 著者:関谷えみりー出版社:ランダムハウス講談社サイズ:単行本ページ数:159p発行年月:2007年07月この著者の新着メールを登録するアメリカで爆発的人気となり、朝日新聞、日研新聞やTV,WEB関連雑誌で騒がれ始めてきた”セカンドライフ”。WEB上でもうひとつの人生、もうひとりの自分を創り楽しむという、仮想現実ソフトは様々な可能性と危険性をはらみながらも大ブームの兆しを見せている。リンデン・ラボ社が開発したこのソフトはリアルな世界ともつながり、金銭のやりとりが可能である。日本の企業や代理店も参加し始めた”セカンド・ライフ”の世界、人気の秘密とその楽しみ方を女の子に向けて解説します。【内容情報】(「BOOK」データベースより)自分のアバター(分身)を作ろう。おしゃれも自由自在。女の子版入門書。セカンドライフの中で楽しむ、新しい「冒険」・「発見」・「出会い」。【目次】(「BOOK」データベースより)Introduction Second Lifeを楽しむ前に?ソフトの入手方法からログインまで/1 オリエンテーションアイランド/2 インワールドに入る/3 アバターの作り方/4 いろいろなところへ行ってみましょう!/5 「ダーリンを探せ!」/Kinakoの「日記」/これからのセカンドライフこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> IT・eコマース
さらに詳しい情報はコチラ≫

リンデンラボ社運営のセカンドライフ

アメリカ発のオンラインゲーム「セカンドライフ(second life)は、米リンデンラボ社が運営しているバーチャル世界のことです。
自分で作成した、分身キャラクターを自在に操作して仮想世界で「第二の人生」が送れるゲームになっています。
他に参加している方たちとのコミュニケーションが取れるのはもちろんの事、買い物や、会社を起業してお金を稼ぐことも出来ます。

最近は、販促効果に目をつけた現実の大手企業が新たな宣伝活動を行い、効果の可能性を探っていることも分かりました。

セカンドライフの参加者は200万人を越えています。
ゲーム内での通貨は「リンデンドル」といいます。1日100万ドル近い流通量があります。更に現実のお金に換金も可能です。
現実と仮想空間が入り混じっているような独特の世界がセカンドライフの特徴です。

リンデンラボ(Linden Lab)社は 1999年、米カリフォルニア州サンフランシスコで創業されました。セカンドライフのサービスを2003年6月開始。
セカンドライフの初期当時の面積は16エーカー程でしたが、現在はマンハッタンの3倍以上の広さになっています。
通常オンラインゲームと呼ばれることが多いと思いますが、リンデンラボでは「World」と呼んでいます。

ユーザーの手によってセカンドライフの世界が作り上げられているため、ゲームという感覚よりはシミュレーターという感覚のほうが近いかもしれません。
米国では、現在では不動産売買仲介、服飾デザインなどで年間10万〜20万ドル稼ぐ人もいるほどです。


セカンドライフの儲け方セカンドライフの儲け方
¥1,680円(税込)送料別 カード利用可
オススメ度:★★★★★

著者:セカンドライフno.1起業研究会/永島蓮汰郎出版社:あさ出版サイズ:単行本ページ数:217p発行年月:2007年07月この著者の新着メールを登録する本書では、実際にセカンドライフで起業する際に必要な、この世界の仕組みやビジネスの起こし方など具体的な知識を学べるだけでなく、実際の起業のアイデアも紹介しています。ぜひ、起業にビジネスに生かしてください。ここにあるチャンスを生かすも殺すもあなた次第。アメリカを始め世界で大ブレイクしているセカンドライフで、お金持ちになりましょう!この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> IT・eコマース
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。