リンデンラボ社運営のセカンドライフ

アメリカ発のオンラインゲーム「セカンドライフ(second life)は、米リンデンラボ社が運営しているバーチャル世界のことです。
自分で作成した、分身キャラクターを自在に操作して仮想世界で「第二の人生」が送れるゲームになっています。
他に参加している方たちとのコミュニケーションが取れるのはもちろんの事、買い物や、会社を起業してお金を稼ぐことも出来ます。

最近は、販促効果に目をつけた現実の大手企業が新たな宣伝活動を行い、効果の可能性を探っていることも分かりました。

セカンドライフの参加者は200万人を越えています。
ゲーム内での通貨は「リンデンドル」といいます。1日100万ドル近い流通量があります。更に現実のお金に換金も可能です。
現実と仮想空間が入り混じっているような独特の世界がセカンドライフの特徴です。

リンデンラボ(Linden Lab)社は 1999年、米カリフォルニア州サンフランシスコで創業されました。セカンドライフのサービスを2003年6月開始。
セカンドライフの初期当時の面積は16エーカー程でしたが、現在はマンハッタンの3倍以上の広さになっています。
通常オンラインゲームと呼ばれることが多いと思いますが、リンデンラボでは「World」と呼んでいます。

ユーザーの手によってセカンドライフの世界が作り上げられているため、ゲームという感覚よりはシミュレーターという感覚のほうが近いかもしれません。
米国では、現在では不動産売買仲介、服飾デザインなどで年間10万〜20万ドル稼ぐ人もいるほどです。


セカンドライフの儲け方セカンドライフの儲け方
¥1,680円(税込)送料別 カード利用可
オススメ度:★★★★★

著者:セカンドライフno.1起業研究会/永島蓮汰郎出版社:あさ出版サイズ:単行本ページ数:217p発行年月:2007年07月この著者の新着メールを登録する本書では、実際にセカンドライフで起業する際に必要な、この世界の仕組みやビジネスの起こし方など具体的な知識を学べるだけでなく、実際の起業のアイデアも紹介しています。ぜひ、起業にビジネスに生かしてください。ここにあるチャンスを生かすも殺すもあなた次第。アメリカを始め世界で大ブレイクしているセカンドライフで、お金持ちになりましょう!この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> IT・eコマース
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。