セカンドライフの中で日産アルティマを着ました。

現在セカンドライフ内には色々な企業が島を作っています。その一つに3月末に「Nissan Altima Island」と言う島を日産がオープンさせました。
ここはインタラクティブ・アミューズメントパークという触れ込みで作られました。

さっそく行ってみようと思ってFLYコマンドで空を飛んでみましたが、誰もいない・・・何故?と思ってメインの広場を歩いてみるとかっこいいバイクに乗ったお姉さんが登場して、近くのパネルを眺めていました。

お姉さんがバイクを降りていたので、ちょっと乗ってみたところ、「降りろ!」と叱られてしまいました。
日産のコンパニオンかと思っていましたが、ただの見物人だったようです。

ちょっと気を取り直して、展示されているパネルを見に行きました。それで、見ただけなのにAltimaを一台もらえました。すごくラッキーでした。

運転できるかもしれないと思って、とりあえず「wear」というのを選んでみました。
そしたら・・・アルティマを着てしまいました!

その後に、「Sit Here」というのを選んだら、車が上半身にめり込んだ状態のまま下半身が地面にめり込んでしまいました。

ちょっと別な方を見てみたら同じ様な人がいました。
ちょっと共感してしまいました。

こういった共感がこの仮想空間のコミュニティを形成していくのであろうと思いました。
他の島にも言って見ましたがやっぱり誰もいませんでした。寂しかったぁ。。。

日産をはじめ、こういった企業が作った島々がセカンドライフ内にはいっぱい存在します。


セカンドライフ7つの誤解セカンドライフ7つの誤解
¥735円(税込)送料別 カード利用可

宝島社新書 著者:H14出版社:宝島社サイズ:新書ページ数:190p発行年月:2007年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)広告媒体として不適切な空間、本命はSLではない、企業参入は本気度が問われる、不動産は割りに合わないビジネス、SLは陳腐化しなければならない、「サーバの設置場所で準拠法が決まる」は嘘、リンデンラボがSLを手放す日、…ほか、web仮想社会最新レポート。流行るのか、否か。儲かるのか、否か。関係者11人直撃取材。過剰なブームとその実態に迫る。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 ブームに隠された“誤解”/第2章 完成品であるという“誤解”/第3章 早期参入だけが企業のメリットという“誤解”/第4章 換金=商売という“誤解”/第5章 セカンドライフがつまらないという“誤解”/第6章 インターネットと法律の“誤解”/第7章 「セカンドライフが流行る」という“誤解”この商品の関連ジャンルです。 ・本> PC・システム開発> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。